ドコデモ山居

すごく昔に読んだリチャード・バックの小説に
『現代の奇跡は聖地ではなくキオスクの前で起きる。』
といったくだりがありました。

最近ふとこの言葉を思い出して、本当に奇跡も悪夢も
ごくありふれた場所で起きるのが今の時代だと
しみじみと感じ入ったのです。

このシリーズは室町時代の茶人宗珠が発した言葉
「市中の山居」にヒントをもらって始めました。
この言葉は、都市の中の茶の湯のあり方を明確にしている言葉ですが、
現代のようなせわしない(テロリズムなどの)危機感不穏感に満ちた都市で、
静寂を求めて特別に囲ったようなスペースを圧縮させた場を持つことが
必要ではないかと。
いついかなる時や場所でも心を静寂に保つことが可能であるか。

露地や軸や花や庭の効能を備えて、全ての場所を山居と思えるような
心持ちを誘う極小の空間とは?
そんなことを考えながら、この本を開けばどこでも茶の湯の場になる
ように願いながら作りました。
お点前してもいいし、しなくてもペットボトルでも缶コーヒーでもいい。
ささやかなブレイクに寄り添える本であれば幸いです。

・サイズ:本文B5変形(w208mm×h257mm)
・本文:カラー32p、マットコート紙
・カバー:色の違うマーメード紙2枚重ね、タイトルはシルクスクリーン
 ※留めない仕様
・2017年6月 第1版発行

※他のアートブックと同時にご購入の場合、同梱して1冊分の送料でお届けいたします。

¥ 2,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 400円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。